music
LADV

01. カッチーニ:アヴェ・マリア
02. ヘンデル:オンブラ・マイ・フ
03. ビゼー:『カルメン』前奏曲
04. ビゼー:『カルメン』~ハバネラ
05. プッチーニ:『トスカ』~星はひかりぬ
06. 鳳仙花(韓国民謡)
07. チレア:『アドリアーナ・ルクヴルール』~私は創造の神の卑しいしもべ
08. サン=サーンス:『サムソンとデリラ』~あなたの声で私の心は花開く
09. マスカーニ:『カヴァレリア・ルスティカーナ』間奏曲
10. プッチーニ:『トゥーランドット』~寝てはならぬ
11. プッチーニ:『トスカ』~恋に生き、歌に生き
12. サルトーリ:タイム・トゥ・セイ・グッバイ
13. アーレン:虹の彼方へ
14. ラカジェ:アマポーラ

発売日:2016/11/9  ZESL003  組み枚数:1  リージョンコード:ALL
画面サイズ:ワイドスクリーン フォーマット:Blu-ray Disc 定価:¥5,000(税込)

日本最高峰のクラシックの劇場であるサントリーホールにて2016年9月に行われ、あまりの感動と興奮で泣き出す観客もいたという伝説の「Seia Lee デビュー10周年記念公演」を完全収録したライブアルバム。 曲を紹介するポエトリー・リーディングの後、フル・オーケストラの前で歌う彼女に歌の女神が宿った瞬間を見逃すな!
LumileAncella

01. Amarilli,mia bella  by Caccini
02. Apres un reve by Faure
03. Io son l’umile ancella by Cilea
  - Opera Adriana Lecouvreur
04. Song to the moon by Dvorak
  - Opera Rusalka
05. amapola by  jose carreras

発売日:2016/9/1  ZESL-002  組み枚数:1  JAN/4580351790127
CD5曲(20min)&DVD1曲(4min)定価:¥3,000(税込)

類い稀なる美貌とダイレクトに心に響く歌声で多くの人々を魅了し、オペラやアリアの歌手という枠を超えて世界で活躍するメゾソプラノのディーバ(歌姫)Seia Lee のオペラ名曲集。ロンドンの教会にて収録されたオペラの珠玉の名曲の数々は、オペラのベスト・ソングスと言っても過言ではなく、オペラ初心者にも最適な一枚。
LADV

01. Ombra mai fu - Handel
02. Ave Maria - Bach/Gounod
03. Ave Maria - Caccini
04. Lascia ch'io pianga - Handel
05. Ave Maria - Schubert
06. Sposa son disprezzata - Handel
07. Vocalise - Rachmaninov
08. Ave Maria - Mascagni

発売日:2015/5/29  ZESL-001  組み枚数:1  JAN/4580351790110
CD8曲(35min)&DVD1曲(4min)定価:¥3,000(税込)

まさに「ディーバ(歌姫)」という言葉がふさわしい類稀なる美貌と、真珠のように艶やかな美声で世界的に評価の高いメゾソプラノSeia Lee のクラシック名曲集。ロンドンのアビーロードスタジオで一流の演奏家とともに録音された曲の数々は、Seia Lee を知るのに最適なベストアルバム的な存在といえる。
video

Ave Maria by Seia Lee
Science art collaboration with Mr. Akira Wakita
(Performing for Seia Lee Soprano Recital “Grace Note 2018” at Suntory Hall, Tokyo)


脇田玲(計算機科学者、現代美術家、慶應義塾大学環境情報学部教授)は、目の前にありながらも知覚することができない自然界の姿を可視化/可聴化/物質化することで、世界を再解釈する作品を作り続けている。 従来は科学の領域にあったシミュレーションとビジュアライゼーションを創作の基本的な道具としながら、空気、音、熱など、この世界に満ちている様々な流れの生態系を現代美術のコンテクストからあぶり出し、科学と美術を横断する映像表現に注力している。 歌手という魂のダイナミズムを可聴化する楽器は人の心を激しく揺さぶることができるはずというアリアの可能性を信じるせいあLeeの情熱と、現代の高速なコンピュータと最新の数学を駆使することで人間の知覚能力はより繊細に拡張できるはずという脇田玲の信念とが化学反応を起こし、ここに古典と未来をつなぐ新しい芸術作品が生まれた。 マスカーニの歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲「アヴェ・マリア」では、無限に分裂可能な「不死の細胞」とも言える生殖細胞をモチーフにすることでマリアの永遠の母性・神性を、 そしてドヴォルザークの歌劇「ルサルカ」第1幕「月に寄せる歌」では、現存する最も高解像度の月面をモチーフに、欠けても満ちる不死の象徴である中秋の名月を想起させながら叶わぬ恋のせつなさを表現している。

孫泰蔵

Akira Wakita (Computer Scientist, Contemporary Artist, Professor at Keio University Faculty of Environment and Information Studies) creates a work that reinterprets the world by visualizing, auralizing, and materializing the figure of the natural world that cannot be perceived despite existing in front of us.
Akira Wakita focuses on the visual expression that transcends science and art, as a form of modern art of capturing the ecosystem such as air, sound, and heat flowing in the world.
“An instrument that can convey a singer’s soul through the form of sound can also strongly inspire someone’s soul.” Seia Lee whom passionately believes in this possibility, created a new artwork connecting classical literature and the future with Akira Wakita, who believes that the integration of science and art can expand human’s perceptual ability with more precision.
In the Mascagni opera, “Cavalleria Rusticana” interlude “Ave Maria”, expresses the “immortal cells” as a motif that can be divided infinitely in order to represent Maria’s eternal motherhood and divinity.

Taizo Son

Song to the Moon by Seia Lee
Science art collaboration with Mr. Akira Wakita
(Performing for Seia Lee Soprano Recital “Grace Note 2018” at Suntory Hall, Tokyo)


Dvorak’s opera “Le Sulka”, Act 1, “Song to the moon”, expresses the existing moon surface at the highest resolution as a motif, in order to depict the immortal full moon of mid autumn, while evoking the bittersweet emotions of unrequited love.

Taizo Son

Arirang by Seia Lee
(Performing for Seia Lee Soprano Recital “Grace Note 2018” at Suntory Hall, Tokyo)

Moon River by Seia Lee
(Performing for Seia Lee Soprano Recital “Grace Note 2018” at Suntory Hall, Tokyo)

Amigos Para Siempre by Seia Lee
(Performing for Fiesta Latina! SSO Charity gala party 2018)

Prestige Magazine (2018 SPRING/SUMMER) video interview by Seia Lee

Je te veux by Seia Lee
(Performing for Seia Lee Soprano Recital “Grace Note 2017” at Suntory Hall, Tokyo)

Habanera 〜 Mon Coeur s’ouvre a ta voix by Seia Lee
(Performing for Seia Lee Soprano Recital “Grace Note 2017” at Suntory Hall, Tokyo)

Housenka by Seia Lee
(Performing for Seia Lee Soprano Recital “Grace Note 2017” at Suntory Halll, Tokyo)

Amapola by Seia Lee (Performing for the 2017 Miss Universe Japan)

Amapola by Seia Lee

Mon cœur s'ouvre à ta voix by Seia Lee

Ombra mai fu by Seia Lee

Seia Lee - Photograph shooting